佐々木主浩の大リーグボール22号

大リーグボール22号[第1495球]

【オークス】大敗からの巻き返しに期待

土曜の京都5Rへ出走したヴェストリアは、初出走でゲートの音にビックリしたとのことで大きく出遅れてしまいました。最後は上がり33秒9の脚を使ってくれたように力はあると思うので、次はスタートを決めてくれることを願っています。

愛馬の動向に関してお伝えしておくと、シヴァースは近々、帰厩して条件戦へ使うようです。エヴァンスウィートは函館へ連れていき、新馬も札幌デビューを予定。その頃にはヴィンセドリスも帰ってくるでしょう。グランヴィノスは秋までしっかり休ませます。


予想はユーザー登録のあと!!

大リーグボール22号とは?

驚異の相馬眼を持つG1オーナー【佐々木主浩】のメインレースの最終見解が読めるのは『うまスクエア』だけ。また、愛馬の最新情報など、ここでしか絶対に読めない内容が超満載。
佐々木 主浩

伝家の宝刀・フォークボールで日米通算381セーブの金字塔を打ち立てた“大魔神”2006年11月に馬主登録を行い、僅か5年半後の2012年2月にはクイーンカップで所有馬のヴィルシーナが1着となり、馬主として初めて重賞競走を制覇すると、さらに翌々週には阪急杯でもマジンプロスパーが優勝。2013年5月12日ヴィクトリアマイルでヴィルシーナが優勝し、初のGI競走制覇を果たす。

PR

境和樹 SNS

コンテンツ一覧