採れたて!トレセン情報

第886回&第887回

最新号は毎週金・土曜日の夜にメルマガ配信。

【美浦の『聞き屋』の囁き】

●人気馬の取捨●

サマースプリントシリーズ最終戦となるセントウルS

春のスプリント王者ミスターメロディの始動戦であり、実績馬たちと夏の新興勢力がぶつかりあう、秋を占う大事な一戦。

注目したいのは函館スプリントSからキーンランドC、そして今回のセントウルSと夏競馬3戦目となるタワーオブロンドン

まったく同じローテーションのペイシャフェリシタに、アイビスSDも出走して夏競馬4戦目となるカイザーメランジェというさらに上を行くローテーションの馬もいるが、驚くべきことは、名門藤沢厩舎が夏競馬で重賞勝ち馬を3走も走らせること、さらに中一週と間隔が詰まるうえ、輸送が札幌→美浦→阪神という強行軍であるということ。未勝利クラスの馬でもこれだけの過密ローテーションでの競馬は滅多になく、それがGⅠを狙える馬で出走させるからには、よほど状態がいい、ということだろう。

セントウルSの結果次第では中2週でスプリンターズSへ向かうとされており、その後はマイルCSも視野に入れているというから驚きだ。

身体的に強いタワーオブロンドンがすごいのか、状態を保たせる藤沢師の手腕がすごいのか。

どちらにせよ、タワーオブロンドンの取捨がセントウルSのポイントにはなってくるはず。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●サマーシリーズ最終戦②●

夏の小倉・新潟も終わり、今週から中央に戻り秋の阪神・中山が開幕したが、日曜日は夏の余韻を残すサマーシリーズの最終戦が東西で行われる。

阪神ではサマースプリントシリーズの最終戦、セントウルS。勝ち馬にはスプリンターズSの優先出走権も与えられるため、一応トライアル的な立ち位置ではあるが、サマースプリントシリーズのチャンピオンには褒賞金として馬主に3,200万円、厩舎関係者に800万円という、合わせて4,000万円というGⅢ優勝なみの賞金が懸かっているため、やはりサマーシリーズの最終戦という意味合いの方が強い。

ゆえに、高松宮記念を制したミスターメロディが出走しているが、注目したいのはサマーシリーズの優勝が懸かっている陣営の方。


チャンスがあるのは…

現状ポイントランキングトップのカイザーメランジェが12ポイントなためサマースプリントシリーズに1戦でも参戦している馬ならここで勝てば可能性がある。

勝たなくても可能性があるのは、前述のカイザーメランジェと北九州記念を勝ったダイメイプリンセスの2頭のみ。

注目したいのは後者、ダイメイプリンセスだ。

昨年はCBC賞からアイビスSD、そして北九州記念を経てセントウルSでは無くGIスプリンターズSへ出走、結果は勝ち馬からコンマ2秒差の4着と大健闘した。

今年はアイビスSDから北九州記念を経て、スプリンターズSでは無くここへ出走。まさにサマーシリーズを狙って来ている雰囲気がある。

3月のオーシャンSの頃は480キロ台まで体を減らしてしまっていたが、前走はベストと言える500キロ、馬体のハリが戻り、状態自体が上向いて来ていた。

今回はこの夏3戦目、昨年の夏3戦目は、勝てはしなかったが強い競馬だった北九州記念、当時のピークと言っていいだろう。ゆえに、今年は今回がピークと言っていいはずだ。

実際、今週の追い切りでも好時計で駆け前走以上の動きを見せている。

鞍上は、この馬の重賞連対全て手綱を取っている秋山騎手が京成杯AHのプールヴィルに先約があったため乗れなかったのだが、替わって川田騎手を確保できたのだがら悪いはずは無い。

何といっても、今年全国リーディングトップを直走るトップジョッキー。しかもこの夏、JRA重賞騎乗機会4連勝を含み大暴れ、サマージョッキーズシリーズでは2位の岩田騎手に17ポイント差を付け、最終戦を待たずに優勝を早々に決め、さらには先日行われたWASJでも総合優勝を飾るなど、今乗りに乗っているスーパージョッキー。ダイメイプリンセスがサマースプリントシリーズで逆転優勝するためにはこれ以上無い切り札と言っていいだろう。

負けても5着以内ならカイザーメランジェと勝ち馬次第で可能性はあるが、勝てば文句なしの優勝、乗りに乗っているスーパージョッキが鞍上なら、そんなシーンも十分可能性はありそうだ。

【競馬場から見た推奨馬券】

馬も人も、そして我々もバテバテとなった夏競馬がやっと終わり、本格的な競馬シーズンの到来!と意気揚々だったが、今週のこの頭数とレベルの低さは何??
完全に出鼻を挫かれた感じ…。
来週は3日間開催ということだし、今週は様子見の勝負とした方が良いかも。
特に日曜は台風の接近に伴い、馬場状態が微妙。午前中は何とかもちそうだが、午後は何とも言えない。台風の進路と速度により大雨もあるし、良馬場の可能性もある。
いずれにしろ、強風は間違いなさそうなので、勝負度合いは下がりそう…。

午前中は雨が降らないと見て、中山4Rから入りたい。狙い馬は8番メールデゾレ
前走は、初めての不良馬場で、全く力を発揮できず参考外。春はハイレベルの3歳1勝級で差のないレースをしており、今回のメンバーでは実績上位。持ち時計的にも最右翼と言って良い。
夏場をじっくり休養にあてたことにも、好感が持てる今回は一番得意な中山。しかも良馬場であろう。発馬さえしっかり決めれば、勝ち負けになるはず。

馬連 4-8 6-8 3-8
3連複 4-6-8 3-4-8 4-8-10 4-8-16

自信度 C

もう一鞍は、雨が降り始めないことを祈って、中山11R京成杯AH。もちろん開幕週の中山マイルだけに、内枠狙いが鉄則。
馬券の軸は4番クリノガウディー
前走の中京記念は、2コーナーで挟まれて位置を下げたが、本来は先行して器用さを活かすタイプ。この枠順、戸崎騎乗なら先行は間違いない。
その不利があった中京記念でさえ、今回も人気のグルーヴィットと、首の上げ下げの差。スムーズに自分の位置が取れていれば、勝っていたと思える。それに今回は鞍上強化で、斤量も1キロもらった。枠順差も考えれば、グルーヴィットに負けることは考え辛い。
その他の馬との比較は容易ではないが、グルーヴィットが人気なら、クリノガウディーを買うことをお勧めしたい。

単勝 4
馬連 4-9 4-5 4-11 1-4
ワイド 4-5

自信度 B


【関西事情通のちょっとイイ?話】

●サマーシリーズ最終戦①●

夏の小倉・新潟も終わり、今週から中央に戻り秋の阪神・中山が開幕する。土曜日の重賞は中山で紫苑S、まさに秋の大舞台に向けた始動戦の重賞ではあるが、日曜日は夏の余韻を残すサマーシリーズの最終戦が東西で行われる。

中山ではサマーマイルシリーズの最終戦・京成杯AH。現時点ではチャンピオン該当馬は存在しないものの、サマーマイルシリーズの3戦全て出走となるロードクエスト、中京記念で上位入線しているディメシオンとクリノガウディーの3頭は勝てば権利が発生し、あとは既に中京記念勝ちのあるグルーヴィットの着順次第で全てが決まる。

チャンピオンには褒賞金として馬主に2,400万円、厩舎関係者に600万円が交付されるとあって、関係者にとっては、馬主はほぼ倍、そして厩舎関係者は倍以上の賞金が懸かるとあって普通の重賞ではなくなるは当然だろう。

そんな中で注目したいのは、中京記念で惜しくもハナ差で2着に敗れたクリノガウディーだ。

2歳秋のGI朝日杯FSで後にNHKマイルCも勝つアドマイヤマーズの2着、マイル適性の高さを見せていた。

春の最大目標はその距離適性からNHKマイルCというところだったが、3歳牡馬の宿命と言える、クラシック戦線への参戦があり、スプリングSから皐月賞も経由した。ゆえに、マイルCはベストの条件とは言え、短期間に3戦連続の長距離輸送ではさすがに状態をキープするのは厳しかったのだろう。

その疲れを癒し、休み明けで臨んだ中京記念。まだ急仕上げ気味だった前走、それでも勝ちに等しい競馬を魅せるところがこの馬の能力の高さ。

その後、関屋記念を使うという話もあったのだが「春と同じ轍は踏まない」と、関屋記念はパスしここへ備えてきた。この辺りにも、ここへ向けた意気込みが窺えるが、鞍上にも、森裕太朗続投の話もあったが、東スポ杯で一度騎乗経験のある戸崎騎手にスイッチした。まさに、勝ちに拘るがゆえの行動だ。

勝たなくては権利が発生しないものの、勝てばチャンピオンは確定、あとはグルーヴィットの着順次第で単独になるかどうかだけ。

急仕上げを使って上積みは必至、逆転優勝の可能性は十分にあるだろう。注目してみたい。

【美浦の『聞き屋』の囁き】

●復活はあるか●

新潟リーディングを獲ることはできなかったが、1勝差の3位で勝率は断然の1位だったデムーロ騎手。

一時の不振を脱して秋競馬に向けて確実に調子を上げているようだ。

日曜日のメイン、京成杯AHではロードクエストとサマーマイル3戦連続でのコンビ。

今年9戦目はオープン馬としては異例の出走回数の多さで、今年はまだ未勝利。

打開策として今回からチークを着用。

デムーロ騎手の進言で、後方一気の競馬ではなく、先団から中団につけて流れに乗るための作戦。

サマーマイル3戦連続のコンビ結成は、以前も書かせてもらったが、そもそもはデムーロ騎手からの志願。

ただ、秋の大目標となるマイルCSではアドマイヤマーズやペルシアンナイトというお手馬が控えているので、コンビ結成は今回で一時中断となることはすでに決定事項。

ここで結果を出すことができれば、また他のトップジョッキーが手を挙げて騎乗する可能性もあるし、ロードクエストを売り込むにしても、トライアルレースでの勝利は大きなアピールポイントになる。

また、調子を上げているデムーロ騎手も、やはり重賞を勝ってその存在を示したいはず。

ロードクエストとデムーロ騎手のコンビによる、復活ののろしが上がるかもしれない。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧