重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

提供:シンクタンク

重賞戦略アドバイザー・平井雄二のBe The Winner

8/15 札幌記念・馬券の注目はこの馬!

先週の関屋記念(G3)では[気配]注目馬に挙げたミッキーグローリーが差し切り勝ち。9ヶ月ぶりの実戦でも能力の違いを見せてくれた。この後はマイルチャンピオンシップ(G1)が目標になるだろうから、あとは無事に調整を進めてもらいたいな。

第55回 札幌記念(G2) 注目馬

データ
サングレーザー
近年はローテーションの多様化が目立つが、過去10年で濃い成績が出ているのは宝塚記念組【2.2.1.5】か安田記念組【1.1.1.2】。今年は前者が不在で、昨年と同じ安田記念(G1)5着から連覇を狙うサングレーザーに注目したい。

昨年の時点では距離不安が囁かれていたが、道中は折り合いが付き、直線も馬群を割って伸びての勝利。続く天皇賞・秋(G1)でも2着と中距離戦線で台頭してみせた。

札幌で3戦3勝という相性の要因には、コース適性だけではなく、直前の輸送が無いことも挙げられる。輸送での馬体減やテンションが上がる心配が減るため調整しやすく、今年も昨年同様に好気配でレースに臨めそうだ。

調教
フィエールマン
デビュー以降、全てのレースで10週以上の間隔で使われながら【4.2.0.0】と崩れたことがなく、史上最少キャリアで菊花賞(G1)と天皇賞・春(G1)を制したように現役屈指の実績を持っている。

7月下旬から函館のWコースで乗り込まれ、1週前追い切りにはルメール騎手が駆け付けて「春よりパワーアップしている」と、いい感触をつかんでいるようだ。

最終追い切りでも3秒近く前を走っていた併走馬に楽に追い付き同入しており、状態の良かった天皇賞(春)の時と変わらないデキにある。3200mから大幅距離短縮の不安もなく、力を発揮できる状態と見ていいだろう。

※ 8/15日時点での注目馬となりますので、ご了承ください。

札幌記念(G2)は、関係者の間でも「G1に昇格してもいいのでは?」といった声も出るように、一線級の出走が珍しくない。今年もフィエールマン、ワグネリアン、ブラストワンピース、ペルシアンナイトと4頭のG1馬が出走予定だ。

有力馬の大半はその先に目標があり、フィエールマンとブラストワンピースにとっては凱旋門賞(G1)の前哨戦という位置付けになっているが、ここで好結果を残し、大本番に向かいたいところだ。もちろん、秋のG1よりもココが勝負という馬もいる。

当欄では全てを伝え切れないけど、馬券的中に近付くためには、陣営の気配を把握することも重要になってくる。その辺りは、最終的に公開する5頭の馬券候補を参考にしてもらいたい。

<PR>シンクタンク

関屋記念(G3)
1着ミッキーグローリー(1人)
3着ソーグリッタリング(4人)
エルムS(G3)
1着モズアトラクション(2人)
3着サトノティターン(4人)
を馬券候補としてピックアップ!

データ・追い切り・勝負気配から
<馬券のプロ>が選ぶ
 馬券候補 はこれだ!

レース前日の20:00頃に公開!

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
Be The Winner とは?

GIを2勝した元調教師・平井雄二が重賞戦略アドバイザーとして監修。調教師時代に培った相馬眼を武器に、馬券の勝ち組を目指す競馬ファンの皆様に馬券で勝てる馬を教えます!毎週木曜に公開いたします。
平井 雄二

元調教師・生涯成績255勝

主な管理馬
・サクラスターオー(皐月賞・菊花賞・弥生賞)
・サチノスイーティー(アイビスサマーダッシュ)

1969年 騎手免許取得
1985年 騎手を引退
1985年 調教師免許取得
1987年 サクラスターオーで2冠達成
    重賞獲得調教師賞を受賞
2006年 サチノスイーティーでアイビスサマーダッシュを制覇
2011年 調教師を勇退

調教師時代に培った確かな“眼”を武器に馬券になる馬を見抜く“技”は圧巻の一言。

人気に関係なく“馬券で勝てる馬”を探求する姿勢は競馬ファンの強い信頼を得ている。

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧