日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年5月30日]

伏兵に一発ムードあり


土曜東京10R
由比ヶ浜特別
レノーア
51キロなら古馬一蹴
古馬とは初めての対戦になるが、その分、ハンデは51キロ。この軽量は大きな魅力の3歳牝馬レノーアを狙い撃つ。2走前に黄梅賞(3歳500万)を勝ち、前走は京都へ遠征してオープン特別の橘Sで3着。これには「ここに来て確実に力をつけていると手応え十分の関係者。

400キロそこそこの小柄でも輸送OKのタフな馬だが、輸送距離が短いことにこしたことはないだけに東京はプラス材料。相沢師も「1400~1600Mが守備範囲。引き続きいい状態をキープできているので、今回も好レースを期待したい」と古馬勢を一蹴する意気込みだ。



日曜東京9R
ホンコンJCT
フリージングレイン
伏兵に一発ムードあり
某競馬週刊誌では[・△△△・△]と伏兵評価に甘んじているフリージングレインだが、「最近では1番と言えるデキにある」と状態の良さに胸を張る古賀慎師。何やら一発ムードが漂ってきた。

前走の鹿野山特別にしても、スタートで出遅れて後手に回るロスがありながら、最後は3着まで盛り返しと力を発揮。ローテーションの関係者で近走は中山中心だが、東京コースも問題なく「東京の芝2000Mは適条件。勝ち負けを期待したい」と陣営も低評価を覆す構え。



日曜東京10R
麦秋S
サザンヴィグラス
今度は勝ち負けまで
地方・道営から転入し、ようやく中央の水にも慣れたサザンヴィグラスの前進に期待。初戦は15着と惨敗したが、これは関係者も認める仕上がり途上で参考外。その後の2戦は、5⇒3着と着実にステップアップし、根本師も「中央でも力が通用することを証明してくれた」と手応え十分。

裂蹄に加え、転入前にヒザを骨折した影響もあって、脚部をケアしながらの調整だが、それで結果を残しているのが秘めるポテンシャルの高さ。関係者も「今は脚元も安定しているし、一戦毎にレース内容が良くなっている。東京は初めてでもセンスのある馬なので、前走以上を期待したい」と勝ち負けを目論んでいる。



日曜東京12R
三浦特別
ゴルトマイスター
勝ってレパードSへ
2勝目をマークした前走の京都戦が6馬身差の圧勝だったゴルトマイスター。しかも勝ち時計1分51秒3(京都ダート1800M)は、翌日の古馬500万1分53秒6を2秒3も上回る優秀さ。関係者は「ゲート内で大人しくなり、ポンとハナへ行けたのが大きかった」と分析しており、この勝ちっぷりなら昇級してもクラスの壁はない

今回は初めての東京、初めてのマイルになるが、「次はレパードSを予定している。いずれは重賞を勝てる馬だと思っているので頑張って欲しい」とキッパリ。厩舎サイドはここも通過点ムードだ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧