日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年5月16日]

課題克服で本格化


土曜東京11R
メイS
ダイワキャグニー
ベスト条件で一変あり
昨年の勝ち馬ダイワキャグニーを狙い撃つ。中山では思うような結果を出せなかったが、実は右回りのコースでは外に張るクセがあることが原因。それでもここ2戦は、いずれもコンマ5秒以内の競馬と着順ほど大きく負けていないあたりが地力の高さ。

その後は、全5勝をマークしているこの東京へ照準。このタイミングでこれまでより浅いブリンカーを試したところ、菊沢師いわく「効果があった」と。続けて「レースでも最後まで集中して走れれば楽しみ」と一変を示唆。ハンデも勝った昨年と同じ57キロで、ベスト条件で連覇を決める可能性十分。



日曜東京9R
日吉特別
モルゲンロート
超鞍上強化でメイチ態勢
前走は嘉藤騎手で2着したモルゲンロート。これまでもお手馬らしくソツなく乗りこなしてきたが、今回は鞍上をレーン騎手へ超鞍上強化。言うまでもなく、ここは陣営がメイチ態勢で勝ちに来た一戦

左回りのダート短距離戦が得意で、新潟・中京なら1200M、東京なら1300Mがベスト。やや詰めに甘さがあって勝ち切れないが現級でも再三、2着しているように力は上位で、竹内師も「中1週のローテでも状態は変わりなくきているし、徐々に折り合い面でも進境が見られる。これはもう決めないと」とキッパリ。



日曜東京10R
フリーウェイS
トミケンキルカス
ハマれば一発あり
モマれ弱さがあって戦績にムラのあるトミケンキルカスだが、陣営のジャッジは「自分のペースで気分良く運べればこのクラスは勝てる力のある馬」。

後ろから突かれる形だとモロさがあるだけに理想は単騎逃げ。そして今回は望み通りの展開が濃厚な組み合わせとあって穴ムードが漂っており、大和田師も「成績が示す通り、今は芝1400Mがピッタリ。展開がハマれば一発があって不思議ないよ」と色気タップリ。



日曜東京12R
丹沢S
オメガドラクロワ
連続騎乗で今度は決める
昇級戦の前走、春光Sを2着に好走。わずか1戦であっさりとクラスにメドを立てたオメガドラクロワで今度こそ。以前はレース中に嫌気を差して全力を出し切れななど精神面のモロさがあったが、ココ2戦は最後まで走りに集中。

この精神面の成長が好成績につながっており、森助手も「最速上がりをマークした前走が好内容。ハンデ戦に替わっても前回と同じ舞台なら今回も楽しみ」と期待十分。しかも前走に続いて鞍上はレーン騎手なのも心強い限りで、連続騎乗のここは前進あるのみ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧