日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年5月9日]

課題克服で本格化


土曜東京10R
緑風S
ヘリファルテ
狙い定めた東京二四
今回と同じ東京芝2400Mで3勝を記録しているヘリファルテ。ひと息入ったのも、もちろんこの東京芝2400Mを狙っていたから

前走の早春Sは2着と、この条件で初めて土がついたが、1000M通過61秒7のスローで展開が向かなかったもの。それでも上がり3F33秒5の脚を繰り出し、最後方から追い上げた走りは見所十分。

ズブさがあって器用さに欠けるが、決め手は現級でも明らかに上位で、森助手も「久々でもシッカリ乗り込み順調に仕上がった。クラスにメドは立っているので楽しみな一戦です」と今度こその構えだ。



土曜東京11R
京王杯SC
タワーオブロンドン
ココが復活の場!
休み休みとあって1年以上、勝利から遠ざかっているタワーオブロンドンだが、東京芝1400Mは2戦2勝のスペシャリスト。ベスト条件に替わるここが絶好の狙い目だ。

前走の東京新聞杯は、直線で今ひとつ伸び切れず5着に敗れたが、プラス10キロの馬体重が示す通り、冬場の休み明けでいくらか重め残りだったもの。それが暖かくなって馬体が絞れてきたとなれば見直しは必須で、千島助手も「マイルだと少し行きたがる面があるので、距離短縮で変り身を期待したい」とキッパリ。ここは実力馬復活の場となりそうだ。



日曜東京9R
青竜S
デアフルーグ
無敗でG1の舞台へ
デビューから無傷の3連勝。破竹の快進撃を続けるデアフルーグがさらに連勝を伸ばす。前走の伏竜Sで負かしたマスターフェンサーが、アメリカのケンタッキーダービーで6着と善戦。この比較からも本馬が“将来性十分なダート界の新星”と言って過言ではないだろう。

今回は初めての東京コース、初めてのマイルになるが、陣営にとっては不安よりも期待度の方がはるかに上。鈴木伸師も「終いのシッカリした馬だからね。ワンターンの東京はむしろプラス。使う毎に馬も良くなっているし。ここも勝って無敗のまま、大目標のジャパンダートダービー(7/10・大井競馬)へ行きたい」と通過点の構えだ。



日曜東京12R
BSイレブン賞
ハルクンノテソーロ
課題克服で本格化
一昨年のユニコーンS・2着以降はムラな戦績が続いたハルクンノテソーロの敗因はほぼ“スタートの失敗”。それが昨秋以降、ゲートが改善したことで完全に本格化ムード。

昇級後も連続2着と、以前は太刀打ちできなかった1600万にもメドが立ち、高木登師も「スタートが良くなって、自分の競馬スタイルが固まってきたのが大きい。状態は変わりなく良いので、乾いて時計の掛かるダートなら今回も勝ち負けになると思う」とキッパリ。自身の力を発揮できれば、自ずと結果はついてくるはずだ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧