採れたて!トレセン情報

第878回&第879回

最新号は毎週金・土曜日の夜にメルマガ配信。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●まとめて一蹴!?●

世間はお盆休みに入ろうかという週末。そんな中でも暑い熱い競馬は行われている。

札幌を主戦場にしているルメールや、小倉が主戦場の和田騎手・浜中騎手などが参戦する関屋記念ももちろん注目だが、札幌エルムSも、馬券的なことを考えればかなり注目だろう。というのも…


北海道シリーズの中距離ダート戦線で毎年恒例の路線である大沼S⇒マリーンSのステップを連勝してきたリアンヴェリテが大外枠。そして初ダートながらも芝のレースでは大きく出遅れた小倉大賞典以外が常にハナを主張してきたマルターズアポジーが最内枠。さらに昨年のこのレースでもハナを奪って2着と健闘したドリームキラリ。前売り1番人気のグリムも比較的主張して前付けするタイプで、テンからハイペースになり、道中も緩まない厳しいペースになりそうな雰囲気。

そうなると、やはり差し組みに有利な流れと言えるだろう。

大沼S、そしてマリーンSでもリアンヴェリテの後塵を拝しているモズアトラクションだが、2走前の大沼Sは、この馬自身が小回りを意識して外を回さないように大事に乗った結果、展開も前有利の流れになってしまい万事休す。それでも、道中1・2・3番手の馬がほぼそのまま1・3・2着となる中、後方から良く追い込み4着。

前走は、函館の小回りも2戦目という事でいつもの競馬をし勝ち馬には上手く逃げ切られてしまったもののクビ差まで追い詰めた。


今回は前述通り、先行馬には厳しい展開になる可能性があり、また函館コースよりもコーナーが緩く「追い込みが決まりやすい」のが札幌コース、リアンヴェルテを逆転する計算は立つ。

となれば、先行勢をまとめて一蹴して突き抜ける可能性もあると言うこと。馬券的にも、是非そんな競馬を見せて欲しいところだ。

【美浦の『聞き屋』の囁き】

●田辺無双●

ラジオNIKKEI賞、プロキオンS、騎乗停止で2週間休んで、アイビスSD、レパードSと、騎乗機会があった4週連続で重賞を制覇している田辺騎手

運も大きな味方につけており、まずラジオNIKKEI賞では、当初は勝ち馬のブレイキングドーンではなく別の馬を予定していたが、急きょのキャンセルがあり他の騎手へと乗り替わりとなったところへ、舞い込んだ依頼がブレイキングドーンだったのだ。

アイビスSDは騎乗馬がないまま競馬を迎えたが、ライオンボスの主戦だった鮫島駿騎手が土曜日に落馬。そこで空いていた田辺騎手が指名されての勝利。

レパードSはというと、エージェントの話では、ハヤヤッコでは勝ち負けにも人気にもならないとは思ったが、依頼がまったくなかった状況だったので断らずに受けただけ、とのこと。

つまり、多くの依頼の中から選択したのではなく、なんとなくいいか、で受けた依頼の10番人気でなんとなく勝ってしまった、という無双状態。

そして、今週の関屋記念はというと、ここでもまた運を発揮。

ロシュフォールはフルゲート18頭の18番目でギリギリ出走が叶ったわけだが、先週の時点では補欠の1番手で除外が濃厚の状況だった。

言うまでもなく出走順位上位馬で回避が出たわけだが、その馬というのはエルムSへ出走しているマルターズアポジー。GⅢを3勝している実績馬だが、2017年の関屋記念を最後に勝ち星からは2年も遠ざかっており、今回が7歳にして初ダート。マルターズアポジーが直前でエルムSへ路線変更してくれたおかげで、繰り上がったのがロシュフォールというわけだ。

ここでも強運を発揮した田辺騎手。

騎乗機会5週連続の重賞制覇となりそうな勢いがあるだけに田辺騎手は外せない!?

【競馬場から見た推奨馬券】

体感温度が高すぎて、基本的に暑さに弱い馬が本気で走るか、どうか、疑心暗鬼。
疑ってかかったら切りがないが、命の次に大切なお金を賭けるからには、細心の注意は必要。
あまり勝負するのは危険だが、美味しい馬券を逃すのも悔しい。
身体はホットでも、頭はクールに。
省エネ馬券で頑張りましょう。


日曜の新潟で、勝負できそうなのは一鞍のみ。
新潟8Rの4番アイアムハヤスギルは、信頼しても良さそう。
前走が3ヶ月ぶりの実戦で、今回が中3週と、ゆったりめのローテーションだけに、夏バテの危険性は低い。
その前走の内容がかなり良い。レースは、一番人気のオルダージュとシュピールカルテの先行争いで、前半3Fが33秒2の超ハイペース。当然2頭は失速。一番人気のオルダージュは10着であった。少し離れた3番手から直線半ばで抜け出したのが、アイアムハヤスギルである。自身の前半も33秒5とかなり速い。それでもゴール前まで先頭を死守していたのは立派。しかも、休み明けでだ。勝ったアロハブリーズは、土曜の新潟で昇級でも人気になっていた。
アイアムも激走の反動がなかった証に、1週前に坂路で好時計を出している。むしろ上積みが期待できそうだ。左回りに変わるのも、東京で未勝利勝ちがあり、不安はない。

馬連 1-4 4-15 4-6
3連複 1-4-15 1-4-6 4-6-15

自信度 B


小倉で一頭、穴で狙いたい馬がいる。小倉9Rベルヴォワが、その馬。
以前にも記したが、矢作厩舎の叩き2戦目は、かなりの確率で好走実績がある。
実際にこの馬自身も、放牧明け2戦目で未勝利勝ちしている。
しかも、休養明けの前走が実績のない1200m戦。鞍上も忙しかったと明言しており、明らかに適距離の今回に向けての一叩きと見れる。その為に、負担の少ない短距離を使ったとも思える。猛暑の中、このローテーションは実に好感。
その前走で2番人気であったが、凡走と牡馬が相手になることで、人気もかなり落ちている。
適距離に戻り、小回りで本来の先行策が取れれば、差はないはず。

馬連 9-11 9-13 3-9 4-9 8-9
3連複 9の1頭軸 3.4.8.11.13に流し

自信度 C


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●好調?不調?●

先週の土日で10勝を挙げてリーディング奪取の狼煙を上げたルメール騎手

土曜日は滞在している札幌で騎乗するが、日曜日は新潟へ。

メインレースの関屋記念は長期休養明けのミッキーグローリーに騎乗するわけだが、もちろんこの馬も前走の内容を考えればGⅢなら勝ち負けしてもおかしくないが、本当のお目当ては関屋記念ではなく新馬戦の藤沢厩舎の2頭。ともにディープインパクト産駒でサンデーレーシングとキャロットクラブの期待馬。

新馬戦を勝ちまくっているルメール騎手のお手馬候補がさらに増えそうだ。

夏競馬になってから勢いがなくなってしまったデムーロ騎手

関屋記念では近走の成績が冴えないロードクエストに騎乗しているが、この馬に関してはデムーロ騎手自身がサマーマイルシリーズの3戦ともに騎乗する、したい、と厩舎サイドへ宣言しての騎乗なのだ。

前走の中京記念、今回の関屋記念、そして次走予定の京成杯オータムハンデまですでに予定が入っており、デムーロ騎手としてはこんなに負ける馬ではない、と感じているところがあるようだ。

復調を告げる勝利を挙げることができるかどうか。長い直線での追い比べを楽しみたい。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●メモリアル勝利になるか!?●

暑く熱い日が続く夏競馬。こうなってくると、競馬サークル内でも夏バテしている人も見受けられ、もちろん基本的には暑さには強くない動物である馬にも、ところどころで夏バテの兆候は見られる。

今週の重賞は、北の地札幌ではエルムS、そして新潟では関屋記念が行われるが、やはり中央開催の新潟で行われる関屋記念は、その暑さによる影響は懸念材料になる。

エプソムC3着から臨戦するソーグリッタリングも、基本的には暑さにはそこまで強くないタイプ。ただ、それが分かっているからこそシッカリとケアされ、ここに向けて上手く調整されてきた。

その前走のエプソムCは、結果は3着だが、稀に見る超スローペースで、1・2着は前の2頭で決着したレース。この馬自身上がり3F32.8の脚を繰り出しており、決して力負けでは無い。まして、抜け出すとソラを使うタイプでもあり、その辺りも考慮した上での騎乗なだけに、ある意味では良く走っている。

陣営としても、初重賞挑戦でのこの結果なので、「やはり重賞でも勝ち負けできる」という手応えは掴んだようだ。

鞍上は浜中騎手。JRA通算1000勝のメモリアルまであと3勝。武豊騎手に次ぐスピード達成も間近。この関屋記念までに2勝を上げていれば、そのメモリアル勝利に自ら華を添える事になる。

今年はダービージョッキーにもなり、自身としてもメモリアルな年、もちろん意識している事だろう。注目してみたい。

【競馬場から見た推奨馬券】

危惧した通り、先週の競馬は謎の凡走をした馬が、多々見受けられた。
これだけ暑さが続けば仕方ないか…。
当然、今週は更に増えるはず。
とにかく、使い詰めの馬や、極端に調教の軽い馬には注意した方が良い。
できればパドックをしっかりチェックして、馬券を購入することをお勧めしたい。

その点を踏まえて、まずは新潟2R
軸馬の7番モッシュピットは、前走が2ヶ月半リフレッシュされての再出発。
それだけに、中2週での2戦目の今回は
まだバテはないと見る。
その前走がダート替わりの一戦だったが、
それまでとは行きっぷりが一変。小回りの福島の大外枠からぐいぐい行って、楽にハナに立った。誤算は、勝ったデッドアヘッドがやたらと強すぎたこと。その勝ち馬に3角から来られて、4角では後続を離しての競り合い。強かった勝ち馬には歯が立たなかったが、同馬も3着以下には7馬身差。自身の走破時計も、同じ週の他の未勝利戦2つの勝ち時計よりも0.8秒、1.1秒も速かった。
中2週で時計を2本出せているように、久々好走の反動はないと見てよい。むしろ上積みに期待できそう。
今回は牝馬限定だけに、メンバーレベルも下がるはず。
スムーズに行ければ、かなり勝つ可能性は高い。

単勝 7
馬連 4-7 6-7 7-10
3連複 4-6-7 4-7-10 6-7-10

自信度 B


新潟11Rも、同じようなローテーションの馬を狙い打つ。前走が3ヶ月ぶりで完勝の、2番ジュランビルがその馬。
その前走は一息入ってた分、反応がもう一つだったが、危なげない勝ち方で力が違うという印象だった。
昇級となるが、フィリーズレビューにて外々を回らされながら0.1秒差の3着の実績から、壁はありえない。桜花賞でも別格のグランアレグリアを除けば、外から果敢に先行して0.5秒差。1400なら、もっと際どかったはずだ。
まだ馬場の荒れていない内回りで、2番枠というのも、先に行く同馬には好材料。

単勝 2
馬連 2-9 2-10
3連複 2-9-10 2-3-9 2-9-12 2-9-18

自信度 C


うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧