採れたて!トレセン情報

第839回&第840回

最新号は毎週金・土曜日の夜にメルマガ配信。

【関西事情通チョッといい話】

●GI馬8頭の大阪杯!●

GIに昇格して3年目を迎える大阪杯。ドバイワールドカップを同週という事で、アーモンドアイやレイデオロは参戦しないものの、中距離馬にとっての春の最大目標のレースとして早くも確立されつつあり、今年はGI馬8頭、GIを勝っていあんくてもGⅡ勝ち馬が3頭と好メンバーが揃った。

そんな豪華メンバーの中ではあるが、GⅡも勝っていない馬に注目してみたい。

前走の金鯱賞の時にも触れたエアウィンザーだ。

騎乗停止などで急遽の乗り替わりはあるものの、有力馬の殆どが前哨戦の前走から同じジョッキー。これもまた最近の傾向ではある。

そんな中でエアウィンザーは、前走が今週はドバイへ遠征している武豊騎手が騎乗、まさにそこだけのピンポイント騎乗だった。その後の鞍上予定は白紙だったのだが、3走前のカシオペアSで勝たせている浜中騎手に白羽の矢が立った。

浜中騎手にとってみても、そのカシオペアSは勝たせているにも関わらず次走で乗り替わり。確かに、それまで主戦だったミルコの代打騎乗ではあったものの、トップジョッキーであればそのまま連続騎乗も叶っていただろう。

そんな悔しい思いをした馬が、GIという舞台で巡り巡って回って来た。

実は浜中騎手、GⅡ時代とは言え大阪杯は2勝しているゲンのいいレース。そしてエアウィンザー自身も、阪神芝コースは、重賞勝ちを含め4勝2着2回、その内芝2000mは3勝2着1回と得意としているコース。

人も馬もゲンのいいレースともなれば、よりチャンスも大きくなるというもの。GI馬GⅡ馬が殆どの中、この馬が栄冠に輝く可能性も十分あると見ている。馬券的にも是非注目したい1頭だ。

【美浦の『聞き屋』の囁き】

●乗らないことには始まらない●

ドバイワールドカップと同週に行われる大阪杯

昨年の年度代表馬アーモンドアイ、天皇賞馬レイデオロがドバイ遠征のため大阪杯には出走していないが、それでも国内トップのメンバーが集結。近年の大阪杯の中ではもっとも豪華な顔ぶれ。

その中で注目したいのがステルヴィオ

昨年のマイルCSを制して今年は中山記念から始動。結果は僅差の3着でトライアルとしては上々の内容。

前走の中山記念と今回の大阪杯で手綱を取るのが、今年絶好調の丸山騎手。

中山記念で内容と結果が伴わなければ、乗り替わりの可能性が大きかったが、ともに合格ラインをクリアしたのでコンビ継続となったとのこと。

丸山騎手が騎乗してGⅢを連勝中のスティッフェリオからの依頼も当然あったが、ステルヴィオを選択。

ステルヴィオとのコンビ継続とならない可能性もあったので、スティッフェリオ陣営は田辺騎手をキープしながら丸山騎手の返事を待つ、という豪華な保留状態。

田辺騎手としても他陣営からの依頼がなかったことと、やはりGⅠに騎乗したいという気持ちから、丸山騎手次第という保留状態でも依頼を受けて、結果的にGⅠ参戦となった。

やはり騎手として目指すべきはGⅠ制覇。GⅠレースに騎乗しないことには始まらない。

丸山騎手の初GⅠか、田辺騎手の3年振りのGⅠ制覇となるか。超のつくGⅠから目が離せない。

【競馬場から見た推奨馬券】

先週のダートは、逃げが極端に残らない中山らしくない馬場だったが、土曜の午前中に見る限りでは、その傾向はなくなっている。時計も速くなり、前残りが目立った。こうころころ馬場状態を変えられては、勝負がしづらい。JRAさん何とかして下さいよ…。
芝は、創造した通りに傷んだ部分が大半覆われていた。
今週は、芝もダートも中山らしく前残りを基本に考えた方が良さそう。

中山7Rは、5番ユイノチョッパーで連軸はOK。前走は強い勝ち馬に最内を捌かれてしまっただけに、離されてしまったがしかたない。一度使われて馬体が締まり、この馬も強い競馬をした。かなり外を回るロスはあったが、あれがこの馬の好走パターン。上手く内を捌いてこようとすると、極端に馬混みを嫌うので走る気をなくしてしまう。その点、今回の10頭立てなら競馬がしやすい。スタートが良ければそのまま行けば良いし、遅めなら下げて、外からマクッていけば良い。大野も前々走の騎乗で、絶好位から全く伸びなかっただけに、良く分かったはず。とにかく外から蓋さえされなければ、いつも強い競馬をする馬。状態の良い時だけに、少頭数で真価を発揮してもらいたい。

単勝 5
馬連 3-5 5-6 5-9

自信度 B


芝で勝負できるのは、やはり少頭数の中山9R。ここは1番マイネルヴンシュで鉄板。菊花賞の4着から能力上位は間違いないが、長期休養明けを走った反動だけが心配。それも、中3週で3本時計が出ているように、回復が早くて全く反動はないと見て取れる。
その久々の前走も、終始外を回りながら格好をつけており、能力減もなかった。
今回は、コース変わりの絶好の最内枠。先にいける脚もあるだけに、馬場を味方に勝機。

単勝 1
馬連 1-8
ワイド 1-8

自信度 B


【美浦の『聞き屋』の囁き】

●悲喜こもごも●

安田記念とヴィクトリア」マイルへのステップレースとなる今週のダービー卿CT

実績馬に下級条件から勝ち上がってきた新興勢力と多彩な路線から好メンバーが揃った。

ハンデ戦であることと、複雑な乗り替わり事情がより予想を難解にしている。

ここでは複雑な乗り替わりについてお伝えしたい。

ギベオンはもともと日曜日に行われる大阪杯を目標にしていたが、前走の金鯱賞で力の差を感じたことで進路を変更。その時点で予定の空いていたリーディング上位騎手がいなかったため、ベテランの蛯名騎手へ。

ジョーストリクトリは松岡騎手から柴田善騎手へ。

これは松岡騎手サイドの読みが甘かったためで、松岡騎手はウインファビラスの騎乗依頼を受けていたためジョーストリクトリを断ったのだが、ウインファビラスは賞金不足で除外。

儲かったのが柴田善騎手。なにもせずとも復調確かな馬の依頼があったのだ。

ダイワキャグニーは前走で騎乗した内田騎手に先約があったため、石橋騎手へ。

プリモシーンはヴィクトリアマイルとセットで騎乗できる騎手を探して福永騎手へ。

マイスタイルは前走で田中勝騎手がクビとなり、横山典騎手へ。

ヤングマンパワーは直前まで鞍上が未定だったが、戸崎騎手が予定していたミッキーグローリーが故障で回避となり予定が空いたので、ほかに乗る馬がいなかったので、なにも騎乗馬がないよりはマシという程度で決定。

GⅠ本番前から難解な乗り替わりと思惑が交錯しているようだ。

【関西事情通のちょっとイイ?話】

●悔いの残る前走●

3月も最終週、次週からはいよいよクラシックも開幕する。その直前週の今週はGIに昇格して3年目の大阪杯、さらにドバイワールドカップもあり、ジョッキーの移動も多い。

土曜日には中山でダービー卿CTが行われるが、ここにもそんな移動がある。

関西からは4人のジョッキーが遠征。今週は第3場開催の無い、中山・阪神だけに2場開催とあって、通常であっても馬が集まり難く、リーディングトップの川田騎手ほどならまだしも、出来れば遠征せずにいたいもの。

その川田騎手はもともとお手馬と言えるフィアーノロマーノで参戦。再昇級という形だが、やはりクラスが上がるとより適性が求められ、ベストは1400mのこの馬にとってマイル戦のここは、如何に上手くロス無く乗れるかがカギ。中山のぶん誤魔化しは利くので、その騎乗振りに注目だろう。

同じ事は、全4勝中3勝が1400mという北村友一騎手の乗るダイアトニックにも言えることだろう。

一方、福永騎手は今回が初騎乗となるプリモシーンで参戦。いろいろと手探りなところは多いだろう。

ジョッキー的に注目の遠征は残る一人、松山騎手だ。

騎乗するカツジはデビューからずっと手綱を取ってきているお手馬。この中山芝マイル戦の舞台でも、昨春ニュージーランドTを制している。

ただ、やはり同じ舞台の前走の東風Sの内容が、スタートでやや安目を打ち、そして後方待機から3・4コーナーで早めに進出し、4コーナーも大外を回し、結果的に坂を上がったところで脚を無くし失速して6着に敗れ、この騎乗には本人も相当悔いが残っていたようだ。

若手や中堅がああいう騎乗で敗れると、即乗り替わってもおかしくないのが今の競馬。そんな中でもう一度チャンスを貰ったここは、汚名返上に当然力が入るというもの。

カツジ自身にとっても、この後のローテーションを考えても是が非でも賞金を加算させておきたい時、人も馬もここは勝ちたいレース、その度合いはほかの陣営よりも強く感じる。人気は落ちそうだが注目してみたい1頭だ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
採れたて!トレセン情報とは?

競馬ファンなら誰もが気になる、トレセン内で聞いた『ジョッキーや厩舎の複雑な関係』、何故あの騎手があの馬に乗るのか…!?なぜ遠征するのか…!?他にも、トレセン内で噂の“あんな話こんな話”をメルマガ『うまスク通信』で、お伝えできる範囲で毎週金・土に配信致します。

一覧へ

PR

うまスク SNS

オススメの競馬YouTuber

境和樹 SNS

コンテンツ一覧