境和樹の穴馬券ネオメソッド

馬券ネオメソッド(レース回顧編)

小倉記念&レパードSの回顧

第55回小倉記念(GⅢ)
1着メールドグラース
2着カデナ
3着ノーブルマーズ

ラップ:
12.0-11.5-12.0-12.9-12.0-11.5-11.5-11.6-11.6-12.2
時計:1.58.8


まず血統面の話から。個人的には、何とも残念な痛恨の引き間違えとなってしまったわけですが、今年もトニービン保持・内包馬がしっかり馬券になりました。
勝ったメールドグラースは、キングカメハメハ×トニービンという配合のルーラーシップ産駒、つまりトニービン内包馬。そして、5人気3着ノーブルマーズはトニービンの後継種牡馬ジャングルポケット産駒。

まあ、これについては正直詳しい解説をする意味はないような気もしています。「小倉記念はトニービン」。来年もこの方針でいきましょう。

流れ自体も、時計の出方自体は少々甘いものの、例年同様800m通過からピッチが上がり、そこからダラダラと脚を使うラップ推移。小倉記念らしいレースだったと思います。

この日の小倉は直線が向かい風だったか、全体的に失速率の高い競馬が目立ち、差し馬が台頭するシーンが目立ちましたが、このレースも上位2頭は外差し馬でした。
その意味で、勝ったメールドグラースにとっては馬場傾向もマッチしていましたね。近2走とほぼ同じ外差し競馬が嵌る流れと馬場。もちろん、フロックでないことは当然で、いかにも鍛え上げて強くする清水久厩舎らしい出世曲線(代表例はもちろんキタサンブラック)。もうワンランク上の舞台、あわよくばさらに上の舞台でも楽しみが出てきましたね。

2着カデナは近2走で見せた復調気配が本物だったことを証明する2着。ハンデ差のある勝ち馬にねじ伏せられているので完敗の格好ではありますが、一時の不振を考えれば、よくここまで立ち直ったなと。兄にスズカコーズウェイがいる母系なので、血統的にはマイルとか使ってみると面白いかもしれないですね。

3着はジャンポケ産駒のノーブルマーズ。宝塚記念3着をはじめ重賞通用の下地は持っていた馬。GⅢならこのくらい走れて当然ということでしょう。

期待したクリノヤマトノオーは5着。道中の乗り方も完璧でしたし、4角の手応えも十分。これで圏内に来られないということは、このクラスでは力が足りないのかもしれません。あるいは気性的な問題もあるのかもしれませんが、いずれにしても、血統的に絶好の舞台で、これだけ文句のつけようがない競馬をしてこの結果ですから、次走以降、さらなるパフォーマンスアップを期待するのは難しいですね。


第11回レパードS(GⅢ)
1着ハヤヤッコ
2着デルマルーヴル
3着トイガー

ラップ:
12.4-10.5-11.7-12.5-13.0-12.6-13.2-12.8-12.6
時計:1.51.3

まずはレース序盤について。
前半3F34.6秒。これは、過去10年の新潟ダ1800mにおける3番目タイの速さ。2F目の10.5秒というところも、歴代で見ても相当速いラップで、序盤の負荷はかなり大きいものだったと言えます。ちなみに、日曜の新潟ダ1800mの馬場差は-0.1秒とほぼ標準的な馬場設定でしたから、より、この前半は際立ちます。
これを生み出したのがサトノギャロス。外枠から出して行ったことで、1角手前で行きたがってしまい、結果、この乱ペースを生むことになりました。これだけ飛ばして見せ場たっぷりの掲示板確保ですから能力の高さは疑いありませんが、このレースに関しては初のコーナー4つなど条件が悪すぎましたね。
もっとも、ダート短距離路線は、古馬混合であっても適鞍が少ないため、こういう条件を使わざるを得ない弱みはあります。徹底して1400m以下の距離を使えていれば相当な馬になるのですが、勿体無いなと。

かなり変則的な流れになったことで、そのワリを食う形になったのが1番人気のデルマルーヴル。こうなると人気を背負っているだけ損というもの。早めに前を捕まえに行く役目を強いられた結果、ワンテンポ仕掛けを遅らせたハヤヤッコの強襲に遭ってしまいました。
それでも、勝ちに行く競馬をしての2着ですから評価を下げる必要はありません。ちなみに、予想コラムで指摘したボールドルーラーの血をストレートに持っていた、今年唯一の馬でした。

勝ったハヤヤッコは展開が多少嵌ったことはあるかもしれませんが、先週日曜から新潟で調整した成果が表れた可能性はあるでしょう。この血統は総じて気難しい面があるので、滞在で競馬ができるという点が能力以上の走りを呼んだという側面も考えなければいけません。
言わずと知れたダート専用の名牝系ながら、どうしても(中央)重賞に手が届かなかったシラユキヒメ一族にとって、うれしい初の中央重賞制覇。おめでとうございます。

3着トイガーは驚きの激走でしたが、レパードSにおける最重要ローテである「前走JDD組」でしたね。昨年がサッパリだったことから今年は重視していませんでしたが、やはり傾向分析は簡単に諦めてはいけないということなのでしょう。ヘニーヒューズに母父フォーティナイナー。米国性の強い血統背景もこのレース向きでした。

期待したエルモンストロは10着惨敗。正直、ここまで負けるとは思っていませんでした。道中は流れに乗れていたように見えましたし、特に不満なところはなかったのですが、直線に向いたところではもう余力がありませんでした。500万クラスを勝った時が後傾ラップの上がり勝負。前走の敗戦と合わせて考えると、前傾色の強い流れは合わないのかもしれません。




待望の新刊 書店・アマゾンにて絶賛発売中!
境和樹 単複進化論!


『単複進化論!』の購入はコチラ
▼境和樹への応援メッセージはコチラ▼

Mail:cheer@umasq.jp

境和樹Twitter

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
境和樹の馬券ネオメソッドとは?

『人気沸騰』『話題騒然』今、最も注目されている新進気鋭の実力派予想家【境和樹】の穴の単複1点勝負。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」

境 和樹

『東京スポーツ』や『競馬最強の法則』などで人気コラムを執筆。各メディアから最も注目されている新進気鋭の実力派予想家。合格率2.8%の司法書士試験を合格した頭脳が辿り着いた境地は「勝ちたければ、三複・三単は捨てろ!!」血統理論×ペース解析により導き出された必然の穴馬から『単複1点勝負』を敢行し驚愕の大幅黒字収支を叩き出す。

友だち追加

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧