日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年8月8日]

今回は陣営に策あり


土曜新潟9R
村上特別
アトラクティヴ
ここは通過点のムード
これはモノが違う」と関係者の間でも囁かれていた通り、経験馬相手のデビュー戦で勝利を決めたアトラクティヴが見直せる。続く前走は5着に終わったが、まだテンションが高めでイレ込みやすい若さが影響したもの。その点を考慮し、今回は間隔をあけてジックリ調整。

実戦を2度使って少しずつ体もシッカリしてきており、奥村武師は「久々でも仕上がり早の牝馬だけに体はできている。いい素質を秘めているし、1勝クラスなら力は上。初の古馬相手でも楽しみ」と期待十分。ここは通過点にしそうなムード。



土曜新潟10R
三面川特別
トーホウアイレス
限定戦で大駆けも
立て直されながら前走のいわき特別で8着に敗れたトーホウアイレスについて「馬場に尽きる」と田中清師は分析。終いの切れで勝負する馬だけに、稍重の緩い馬場で持ち味を発揮できなかったもので、要は参考外ということ。

古い話になるが、新潟は新馬戦をほぼ最後方から突き抜けた実績があり、今回はその時以来の新潟戦。やや気難しい面があるだけに、ゆったりと流れる外回りコースはプラス材料で「ここでは実績上位だし、久々を使って状態面での上積みもある。改めて期待したい」と田中清師も色気タップリ。しかもここは牝馬限定戦。大駆けがあっておかしくない。



日曜新潟9R
豊栄特別
シセイヒテン
師も今度こその構え
トップハンデを背負っていた前走のシセイヒテン。結果は2着も軽ハンデ51キロの勝ち馬の大駆けに遭ったもの。これで現級へ昇級後は4.2.3.2着と常に上位争い。最も離されたのは昇級戦のコンマ6秒差。クラス卒業はもう時間の問題で、宗像師は「勝ち馬とは5キロも重量差があった前走は2着でも評価していい。定量戦に替わるのはプラスだし、もうソロソロ決めてほしい」と今度こその構えだ。



日曜新潟10R
柳都S
ワイルドカード
2戦目で本領発揮
前走の安達太良Sは展開に泣いたワイルドカードの巻き返しを期待する。テンに競り合った分、最後で甘くなり3着もレースは先行勢総崩れのオーバーペース。しかも、7ヶ月の休み明けだったことを考慮すれば、内容は十分に合格点。

550キロの大型馬だけに、実戦を一度使っての上積みは十分で、1戦1勝の新潟に替わるのも好材料で「中間は在厩で調整してきたが、気合いが乗って状態は上向いている。クセをよく知っているヒロシ(北村宏騎手)が乗るのも楽しみ」と太田助手。叩き2戦目で本領発揮となれば、今度は勝利に手が届くはずだ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧