日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年7月25日]

今回は陣営に策あり


土曜新潟10R
苗場特別
レオアルティメット
お膳立てが整った舞台
前走の猪苗代特別が価値ある2着だったレオアルティメットに注目。その前走というのが福島ダート1700Mのレコードを更新した1戦。この速い時計を演出したのが、テンからハイラップを刻んで飛ばした本馬の逃げ。2番手でピッタリとマークしていた勝ち馬ビルジキールには交わされたものの、3着馬には3馬身半差をつけており、なおかつ自身も1分43秒7の好時計で走破。まさに負けて強しとはこのこと

完全にクラスにメドを立てており、木幡巧騎手は「テンに少々無理をしてでもハナを切れば渋太いタイプですよ」と今回も行く気満々。先行有利の新潟ダートで、しかもここは主張すれば単騎逃げが濃厚な組み合わせ。逃げ切りのお膳立てが整っており、ここは絶好の勝機と見た。



土曜新潟11R
佐渡S
アクート
開幕週狙いで今度こそ
現級の超安定勢力のアクートが惜敗に終止符を打ちそうだ。昨秋からの5戦が[0.3.2.0]と常に馬券圏内で、とりわけここ2戦の勝ち馬マイネルファンロン、センテリュオは、次走で重賞でも善戦(前者は函館記念・2着、後者はマーメイドS・4着)。単に相手が悪かっただけ。能力的にはいつ勝っても不思議のないレベルに達している

前走後は疲れをとるためノーザンファーム天栄に放牧し、見通しが立った段階で早々にこの新潟開幕週に照準。それだけに仕上げも万全で、宗像師も「惜しいレースが続いているが、2勝を記録している得意の新潟に替わって今度こそ」と力の入る1戦だ。



日曜新潟9R
燕特別
ブルースカイハーツ
新潟⇒新潟で勝負
今春は安定感抜群のブルースカイハーツ。4歳シーズンとは別馬のような走りだが、関係者に言わせると「ひ弱な体質で伸び悩んでいたが、ようやく体がシッカリして力を出せるようになったんだよ」と解説。

ハーツクライ産駒とあって2000M以上の距離を狙っており、手塚師によると「前走後は早くからこのレースを目標に調整してきた」とのこと。春の新潟⇒夏の新潟というローテにも“新潟で勝負”がハッキリしており、手塚師も「1,2頭骨っぽい馬がいるみたいだけど、ベストの舞台(新潟2200は3戦し1勝・2着1回・3着1回)なので、今回も勝ち負けになると思う」と期待十分。



日曜新潟10R
月岡温泉特別
スイープセレリタス
ここも単なる通過点
名牝スイープトウショウを母に持つスイープセレリタスに本格化ムードあり。前走で500万を勝ち上がったばかりだが、その前走の勝ちタイム(1分20秒5)というのが、前日の旧1000万条件(1分20秒6)をコンマ1秒上回る優秀さ。この比較からも、昇級でも2勝クラスなら力は即通用していい

千島助手も「体質が弱くて使っては休みでまだキャリア5戦だが、素質は高い。状態は変わりなく良いので、昇級戦でも楽しみな一戦」とキッパリ。良血馬が開花したとなれば、ここも通過点となる可能性大だ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧