日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年6月13日]

“裏”のひと工夫とは!?


土曜東京9R
稲城特別
キタサンバルカン
視線の先は既に“菊”
まだ1勝の身ながら「菊花賞を使いたいんだ」と関係者の視線はすでに秋を見据えているキタサンバルカン。前走の青葉賞にしても先行決着を後方から上がり最速で4着と見せ場十分の競馬。陣営の期待の大きさも分かるというもの。

後ろから行く馬なので展開がポイントになるが、奥村武師は「1勝クラスなら力は上。エンジンの掛かりが遅く助走距離が欲しいので、2400Mは合っている。ここはキッチリ決めて秋につなげて欲しい」と通過点の構えだ。



土曜東京10R
相模湖特別
コスモヨハネ
週末の天気が追い風に
ここ2戦で連続4着のコスモヨハネだが、同じ4着でも前走に関して高橋裕師が高評価。というのも、その前走は4ヶ月半ぶりで、なおかつ久々の1400M戦とあって「よく頑張った」と労いの言葉。

1度使って体が引き締まり状態も確実に上昇ムードで、師も「2勝クラスなら安定した力がある。恥ずかしい競馬はしないよ。雨で時計が掛かってくれれば、更に楽しみ」とキッパリ。週末の雨予報が、この馬にとっては追い風になりそうだ。



日曜東京9R
青梅特別
ゴールドブラッド
鞍上も色気タップリ
4ヶ月半ぶりの前走時、ゴールドブラッドに対する関係者評は「半信半疑」。それが、いざレースでは直線で一旦は先頭に立ち、ギリギリまで踏み止まっての微差3着。ハイペースの分、差されてしまったが「久々でもこれだけやれるのだから、やはり力があるよ」と陣営も能力を再確認。

今回は叩いての上積みが見込めるうえに、引き続きベストの東京マイル戦。田中勝騎手も「速い持ち時計(1分35秒3)があるように、渋って脚抜きのいいダートが合うタイプ。雨が降って高速決着になれば前走以上にやれていい」と色気タップリだ。



日曜東京10R
町田特別
マイネルクラフト
“裏”のひと工夫とは!?
前走の青嵐賞を2着に好走したマイネルクラフトに期待する。2勝クラス(旧1000万)で長らく足踏み状態が続いていたが、前走は最後まで集中力を切らさずに、シッカリと走り抜く好内容。

気ムラでアテにならない面が解消した裏に陣営のひと工夫あり。それが「稽古をソフト仕上げにした」こと。もちろん引き続き同じ調整過程での続戦で、岩戸師も「今回も思い通りの仕上げができた。東京の芝2400Mは良績があるので好レースを期待したい」と、ここも勝ち負けを狙っている。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧