日刊Sには載せられない今週の裏ネタ

提供:ホースメン会議

今週の裏ネタ[2019年4月25日]

今週もベテランが存在感


土曜東京9R
秩父特別
アルトリウス
ようやく去勢効果が
ここに来て3,2着と、ようやく昨夏の去勢効果が出てきたアルトリウスにいよいよ勝機到来。今回は中7週と少し間隔はあいたが、これは使い減りするタイプとあって、放牧に出して立て直したもの。リフレッシュ効果は大きく、いい感じに仕上がっていると厩舎サイドもデキに太鼓判。

さらに津曲助手も「前走は2着でも終いの伸びは目立っていたし、クラスにメドは立ったと思う。脚質的に直線の長い東京へ替わるのはプラス。今回もチャンスは十分ですよ」とキッパリ。ここはクラス卒業の大チャンス。



土曜東京10R
春光S
デザートスネーク
ここ狙いで今度こそ
この東京ダート2100Mを狙ってきたデザートスネークで今度こそ。陣営も期待していた前走の金蹄Sだが、結果は4馬身差の2着。とは言え、勝ち馬サトノティターンは次走でマーチSを勝利。この結果に「前回は相手が悪かったかな」と納得。

今回は立て直して仕切り直しの一戦。武井師も「先日のアンタレスSを勝ったアナザートゥルースを以前に負かしたこともあるし、いつまでも条件クラスで足踏みしているわけにはいかない。ゆったり行ける長めの距離がピッタリで、今回の舞台(東京ダート2100M)は崩れたことがない。改めてだね」と今度こその構えだ。



日曜東京10R
晩春S
ナンヨーアミーコ
今週もベテランが存在感
蕁麻疹で取り消して半年ぶりの実戦復帰となるナンヨーアミーコが面白い。稽古で騎乗した柴田善騎手によると「久々の出走になるけど、休ませた効果で体は凄く良くなっている。いくらか太いかなという気もするけど、大幅な馬体増でなければ大丈夫」と仕上がりに合格点。

もともと、このクラスでは安定した力があり、東京の1400Mもベストの舞台。柴田善騎手も「道中うまく折り合って脚がタマれば、いきなり勝ち負けになって不思議はないよ」とまんざらでもない様子。先週の福島牝馬Sで2年半ぶりの重賞勝利を飾った大ベテランが、今週も存在感を示すシーンは十分だ。



日曜東京11R
スイートピーS
セリユーズ
強気な“国枝節”が出た
実戦を使いつつ本格化してきたセリユーズでもう一丁。2走前に未勝利を勝ち上がると、500万へ昇級した前走も2着に3馬身差をつけて圧勝。体がひと回り大きくなって力をつけたうえに、ゲートの出が良くなったことが好成績につながっている

今回はオープンへの昇級となるが、国枝師は「いい決め手を秘めている馬。東京で瞬発力を生かす競馬ができれば、今回もチャンス」といつもの強気な“国枝節”。軌道に乗ってきてからの強さは別格で、一気の3連勝は十分だ。

うまスクエアメンバー登録

STEP:1メールアドレス入力

メールアドレスの入力

うまスクエアからのメルマガを受け取りたいメールアドレスを入力して下さい。
※携帯のメールアドレスでも、ご利用頂くことが出来ます。

入力されたメールアドレス宛てに【仮登録メール】をお送り致します。
【仮登録メール】に記載されたURLをクリックして頂くと、うまスクエアへのメンバー登録が完了します。

  • メールアドレス(半角英数字)
今週の裏ネタとは?

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者が、ハード取材で仕入れた裏ネタをコッソリお教えします。
堀内 泰夫

競馬に関わりたくて日刊スポーツに入社。以来、競馬一筋で本紙予想を30年近くに亘り担当してきた最高ランクの記者。かの故・大川慶次郎氏も一目置いていた存在。

現在も美浦トレセンに足を運んでハードな取材をこなし、安定感のある予想は業界随一の呼び声が高い。

「下手に穴を狙うより、堅いレースを絞って獲り切る方が馬券は圧倒的に儲かる」をモットーに、多数の会員様から絶大なる支持を集める。

「大きな万馬券を当てて一発逆転のスタイルの人もいるが、そういう精神状態では研ぎ澄まされた発想が出てこない。常に勝ち組でいる事こそが長く馬券を続ける最大の秘訣」とその達観した馬券戦術を語る。

一覧へ

PR

うまスク SNS

境和樹 SNS

コンテンツ一覧